社名・マークの由来


■社名の由来

当社の社名「文殊コンサルティング」は、仏教で知恵の象徴として知られる文殊菩薩からその名を借りたものです。そこには、欧米の合理主義的な考え方による科学的アプローチのみに頼ることなく、オリエンタルな文化や知恵を生かした独自発想のコンサルティングを提供したいという思いがあります。

また、「三人寄れば文殊の知恵」という諺もあるように、ひとりではなく多くの知恵を結集・統合することで、新たな知恵の創造がもたらされます。私たちは、お客様の知恵に加え当社およびパートナーそして一般ユーザの知恵を結集・統合するナレッジ・インテグレータでありたいと思っています。

■マークがあらわす5つの意味

Monju Consulting Logo

  【知恵の輪】 知恵が絡み合う「知恵の輪」をあらわしています
  【オープン性】 紫以外の3つの輪は開いていて、オープンなつながりをあらわしています
  【共創】 4つの輪が合わさってひとつのマークを形作り、「共創」の概念をあらわしています
  【ハブ】 一番大きな青い輪のように、多くの人と知をつなぐハブでありたいと願っています
  【縁】 円が重なり合うこのマークには、「縁」を大切にしたいという思いをこめています